社会の変化により終身雇用が終わり資産運用の必要性が増す

世の中の流れが変化

21世紀の前後から社会が大きく変化しつつあり、そこで暮らす人々も変化に対応していかなければいけません。

大きな社会情勢の変化

近年、日本の社会では大きな変化が起こっています。

1.終身雇用と年功序列の崩壊

2.経済成長時代の終了

3.IT化による知識社会の到来と個人の情報処理能力アップ

4.世界的な競争社会

結果として、会社・国任せの生き方から、自分の生き方を自分で選ぶ時代になりました。

ロールモデル(模範モデル)の終了

高度成長時代~2005年までは、定年まで会社勤めをすることが成功への近道でした。

◆会社で出世して給与収入増加と退職金

◆定期預金で利子収入

⇒この二つで十分に資産が増えた時代です。

実際に個人金融資産の推移をみると1980年代から2000年代で4倍以上に増えています。

金融資産額の推移

1980年代の公定歩合(政策金利)は、5%~9%で推移し経済成長の強さがうかがえます。

元金 期間 利率 元利金
100万円 10年 1% 約110万円
100万円 10年 5% 約162万円
100万円 10年 10% 約259万円

なお、同じ100万円を10年間運用した場合、1%は約110万円、10%は約259万円と元利金に2倍以上の差がつきます。

給料として貰えるお金が減っていく

給与額の減少

インターネットの発達と世界経済のグローバル化によって先進国と発展途上国の差がなくなりつつあります。単純な労働は賃金の安い国に移っていき、労働者全体の賃金は先進国が低下し発展途上国が上昇しています。

結果的に日本では、平均年収が下がり続けています。

このページの先頭へ