上手にお金を貯める6つの方法

お金を貯めるための基本は、皆さんご存じのとおりで、「収入-支出」をプラスにすることだけです。でも、それができれば苦労しませんね。

そこで、大切な6つの方法をご紹介します。

お金を貯める6つの方法

とはいっても秘訣はなく親が子供を叱る時のセリフそのままです。

「足りなければ我慢する=貯めてから使う」
「お手伝いをしたら買ってあげる=収入を増やす」
「みんな持っているから買って!よそはよそ。うちはうち」

次に、具体的な貯金や節約方法を6つに分けてご紹介をいたしますのでお読みください。

1. 貯める人の貯金方法

2. 家計簿をつけて管理する

3. 節約するための10のポイント

4. 収入が増えても支出を増やし過ぎない

5. 貯めるには収入を増やす

6. 資産運用・投資で増やす

お金を貯める方法は、強制的に貯金していくことです。30万円の収入があっても25万円しか使わないと決めれば5万円が残ることに。クレジットカードやキャッシングは便利で、欲しいものがあれば我慢しなくても購入できます。でも、カードの限度枠を自分のお金と勘違いすると節約する気持ちが薄れ浪費癖がついてしまいます。ぐっと我慢していると、本当に必要なものしか購入しなくなる節約習慣が身について一石二鳥!

長財布を使うとお金が貯まる?

強制的にお金を貯める

お金を貯める方法を実行する前

実際に節約や運用を実行する前に、一世帯あたりの平均貯蓄額を確認。なんと2011年のデータで1世帯あたり1,664万円です。

しかし、この数字は一部のお金持ちの方が、平均値を引き上げていますので、こんなに持っていない・貯められないと嘆く必要はありません。人生の中でお金は、社会への参加権として、重要なポイントです。私は苦手という人もルールや使い方を覚えて、きちんとした使い方の経験を積むことで慣れることができます。

子供のころに遊ぶ「人生ゲーム」も、お金を増やしたり減らしたりしながら、ゴールを目指すゲームだったことを思い出してください。上手くコントロールしながら人生を過ごしましょう。

このページの先頭へ