お金がどれだけ流通しているかを示すマネーサプライとは

マネーサプライとは、「国内に流通する通貨の量=通貨供給量」です。
お金が世の中に出回る量によりインフレ(物価上昇)や景気に影響しますので、経済上の指標として重要視されます。

お金=マネー=M

マネー=お金には、いくつかの種類がありM1・M2・・・と表現します。

M1:現金通貨+預金通貨。

現金通貨は、日本銀行券である紙幣と硬貨です。預金通貨は、銀行や信用金庫などの金融機関に預けている普通預金や当座預金で「流動性預金」ともいいます。

M2:M1+定期性預金

定期性預金は中途解約すればいつでも引き出せる預金で「準通貨」ともいいます・

M3:M2+CD

CD:譲渡性預金

譲渡性預金は、言葉通り、譲渡(売買)できる定期預金です。

普通の定期預金は、急にお金が必要になると中途解約することになり、金利が低くなったり手数料が取られます。そのため市場で売買できる譲渡性預金(CD)があります。

マネーサプライ統計は、日本銀行で作成公表されてきましたが、2008年6月から範囲の見直しと名称変更が行われて「マネーストック統計」として発表されています。

日本銀行によるマネーストック統計の定義

日本銀行の統計

マネーストック統計の各指標(M1、M2、M3、広義流動性)の定義は、以下の通りです。

M1: 対象金融機関(全預金取扱機関):M2対象金融機関、ゆうちょ銀行、その他金融機関(全国信用協同組合連合会、信用組合、労働金庫連合会、労働金庫、信用農業協同組合連合会、農業協同組合、信用漁業協同組合連合会、漁業協同組合)

M1=現金通貨+預金通貨

現金通貨:銀行券発行高+貨幣流通高

預金通貨:要求払預金(当座、普通、貯蓄、通知、別段、納税準備)-調査対象金融機関の保有小切手・手形

M2: 対象金融機関:日本銀行、国内銀行(除くゆうちょ銀行)、外国銀行在日支店、信金中央金庫、信用金庫、農林中央金庫、商工組合中央金庫

M2=現金通貨+国内銀行等に預けられた預金

M3: 対象金融機関:M1と同じ。

M3=M1+準通貨+CD(譲渡性預金)=現金通貨+全預金取扱機関に預けられた預金

準通貨:定期預金+据置貯金+定期積金+外貨預金

広義流動性: 対象機関:M3対象金融機関、国内銀行信託勘定、中央政府、保険会社等、外債発行機関

広義流動性=M3+金銭の信託+投資信託+金融債+銀行発行普通社債+金融機関発行CP+国債+外債

マネタリストとは

マネーサプライを重視した経済学の一派としてマネタリストがあります。

貨幣供給量が経済に大きな影響を与えるとの考えから政府や中央銀行による貨幣供給量の管理を重視する政策の実行を勧めています。

マネタリスト(monetarist)とは、マクロ経済の変動において貨幣供給量(マネーサプライ)、および貨幣供給を行う中央銀行の役割を重視する経済学の一派およびその主張をする経済学者を指す。貨幣供給量の変動が、短期における実質経済成長、および長期におけるインフレに対して、決定的に重要な影響を与えるとする。裁量的な財政政策への傾斜を強めていっていたケインズ的総需要管理政策への対立軸として生まれ、貨幣数量説に再びを光を当てるとともに、裁量にかわってルールに基づいた政策の実行を主張する点に特色がある。マネタリストの理論および主張の全体をマネタリズム(monetarism)と呼ぶ。主唱者はミルトン・フリードマン。彼の「インフレーションとはいついかなる場合も貨幣的現象である」という言葉が有名である出典:wiki

このページの先頭へ