インターバンク(銀行間取引市場)とは為替市場の主役

インターバンク(銀行間取引市場)とは、銀行などの金融機関が参加して短期資金や外国為替を取引する市場(マーケット)です。

FXや外国為替を取引する人は、良く聞く言葉の一つです。

現在、LIBOR(ライボー)の不正操作疑惑が持ち上がっていますがこちらもインターバンクでの出来事が基本です。

インターバンクの特徴

インターバンクには、個人や普通の会社では参加できず、金融機関だけが参加する市場です。

コール市場とも呼ばれる短期金融市場と外国為替市場の二つがあり、金融機関と短資会社・外為ブローカーが参加して取引を行います。

コール市場について詳しく知りたい方は、FAAのコール市場の説明でどうぞ。

インターバンクは世界が繋がる

インターバンクはネットワークで繋がる市場

証券取引所や商品先物取引所のように物理的な取引所はなく、電話や専用ネットワークで繋がれた市場です。

取引は、銀行同士が電話やEBS社などの電子ブローキングシステムやトウキョウフォレックス上田ハーローなどの外為ブローカーを介して、一対一の相対で取引をします。

インターバンクは、世界中で繋がる

インターバンクは、金融機関以外に門を開いていない点では、閉鎖的な一面があります。

ところが、金融機関同士については、日本・米国・フランス・ドイツと繋がっており、国が違っても自由に取引ができます。

外国為替取引が24時間取引できる市場なのは、時差(世界時計)があるため、世界各国のどこかの銀行が開いているからです。

日本時間で言うと早朝はオーストラリア、日中は日本、夕方はロンドン(欧州)、夜はニューヨーク(米国)で取引ができることになります。

土日もイスラム圏の銀行が開いていて取引できると言われていますが、事実上、お休みと考えてください。

インターバンクは、相対取引

インターバンクは、取引をする銀行同士が市場を介さずに直接やり取りを行います。この取引方式を相対取引といいます。

相対取引:相対取引(あいたいとりひき)とは、市場を介さずに売買の当事者同士で行う取引です。そのため、取引価格や数量などの取引条件は双方の合意で決めます。

相対取引といえば難しく聞こえますが、簡単なものです。

あなたが、銀行と外貨預金を取引する・八百屋で野菜を買う・友人に骨董品の壺を売る。これらは、全て一対一で市場を介さず取引をしますので相対取引です。

取引所取引:証券会社などの金融機関に注文を出しますが、その注文は金融機関ではなく、取引所という市場で行われるものを「取引所取引」といいます。

証券取引所の株式取引や商品先物取引所の商品先物取引は、その典型です。

東京証券取引所:取引所取引

FX取引とインターバンク

個人向けの金融商品として人気のFXは、個人とFX会社が相対で取引を行います。FX会社自身は、その後にインターバンクに参加している金融機関とカバー取引を行うことでリスクヘッジを行う仕組みです。

インターバンクの参加者

参加者は、金融機関や短資会社・外為ブローカーたちです。

東京外国為替市場について知っておきたい方は、東京外国為替市場委員会のウェブサイトをご覧ください。

このページの先頭へ