外為ブローカーはインターバンクの仲介役

外為ブローカーは、「外国為替ブローカー」とも呼び、銀行間市場(インターバンク)で外国為替取引の仲介(ブローキング)を行う会社と職業のことです。

外為市場が激しく動いた時期には、外為ディーラーと外為ブローカーの取引の様子やライフスタイルが時代の寵児のように描かれた時代もあります。

インターバンクは世界中の金融機関が外国為替を取引する場で、電話・電子回線によって、為替や資金の取引を行います。

外国為替や株式のリアルタイムレート

外為ブローカーの役割

インターバンクでは、金融機関同士が直接、取引をする場合と、外為ブローカーが取引を仲介する場合がありました。

外為ブローカーは、売り手と買い手の間を仲介して、取引を成立させ、ブローカレッジと呼ばれる手数料を受け取ります。

外国為替は通貨の交換

外為ブローカーが仲介する意味

多数の参加者には、多々異なるニーズ(売りと買い、通貨、レート、金額、受渡時期などの違い)があり、相対するニーズを持つ参加者を探し出すには膨大な時間と労力が必要です。

そこで外為ブローカーのような仲介業者が多くの参加者の注文を得て、その条件に見合う取引相手を探し双方の取引の手助けを行います。出典:上田ハーローFX

直接、取引するより、外為ブローカーに任せた方が、「早い・オトク・楽」ということです。

ボイス・ブローキングと電子ブローキング

外為ブローカーは、人間が取引を仲介する「ボイス・ブローキング」から始まりましたが、コンピュータによる「電子ブローキング」が伸びてきたため、現在の取引は電子ブローキングが主体です。

外国為替市場と外為ブローカー

外国為替市場は、電話・電子回線でつながった市場であるため、証券取引所のように物理的な場所がありません。

そのため、急激な円高や円安など為替相場が大きく変動したときには、外為ブローカーを「外国為替市場の現場」として、テレビや新聞などのマスコミが報道していました。

皆様の中にも外国為替・外為ブローカー=円卓を囲んでいる姿を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

主な外為ブローカー

外為ブローカーは、いきなり、会社を作って始められるものではありませんので、バックボーンを持った会社達です。

日本の外為ブローカーは、短資会社の子会社がほとんどです。短資会社:金融機関の短期資金の貸借や媒介を行う会社

トウキョウフォレックス上田ハーロー・・・外為ブローカーの業界最大手です。ホームページのトップに円卓の写真があります。

メイタン・トラディション・・・トラディショングループ(本社スイス)の日本法人

山根タレットプレボン・・・セントラル短資グループ

FXと外為ブローカーの新規ビジネス

1980年代には、話題を集めた外為ブローカーでしたが、電子ブローキングの隆盛により、ボイス・ブローキングの割合が減ったため、会社の規模は縮小しています。

日本には外為ブローカーは8社ありましたが、電子ブローキングの発達により3社に統合されました。出典:上田ハーローFX

そのため、新たな事業展開を進める会社が多く、金融機関向けの外国為替取引から、個人投資家向けの外国為替取引である「FX」へ進出する会社が増えました。

代表的な外為ブローカーである上田ハーローやセントラル短資もFX事業に進出しています。

外国為替ディーラーを主人公にした小説「外為市場25時」。ディーラーとブローカーの姿を生き生きと描いています。

このページの先頭へ