老人ホームなど介護保険施設の種類

介護をどのように行うか?介護施設はどのようなものがあるのか?介護保険施設の種類をまとめました。

また、介護保険の内容もご確認ください。

特別養護老人ホーム

・要介護1~5の人が対象。

・食事・排泄・入浴などの日常生活の介助や健康管理を受けられる。住居費や食費の2万円~5万円程度は自己負担

・設置主体は自治体や社会福祉法人で、入所決定は各市町村が行う

・費用が安いため希望者多数

介護療養型医療施設

・医療機関で治療をうけ、もう少し療養が必要な人が対象。

・病院併設型も多い。

・平成30年3月をめどに介護療養型老人保健施設へと変更予定

介護老人保健施設

・リハビリテーションを中心とした医療サービスを提供する施設。

・在宅復帰が目的の施設

・介護療養型老人保健施設

・介護と医療の両方を必要とする方が対象。

・看護師が24時間配置されている

有料老人ホーム

・高齢者を入居させ、入浴・排泄・食事などの介護を提供する施設。

・様々なタイプがある。

ケアハウス

・食事・入浴付マンション

・60歳以上の高齢者が自立して日常生活を送れるように環境・設備に配慮した食事・入浴付の施設(マンション)

このページの先頭へ