「不動産」の記事一覧(2 / 3ページ)

マイホーム借り上げ制度:住宅を活用する方法が政府と民間双方で求められる

移住・住みかえ支援機構の「マイホーム借り上げ制度」をご存知でしょうか?これは、50歳以上の方がお住まいの家を移住・住み替え支援機構に借り上げてもらい賃料を得るシステムです。

マイホームを手に入れれば将来が安泰な時期は過ぎ、家(不動産=不動産投資の基本)をどう活用するかが大切なポイントになっています。

都心の家を貸して地方に移住

一般的な家は建ててから約20年で転売時の評価額がほぼゼロになります。その家に住めないわけではありませんが、売っても土地代にしかならずに利益が望めないことがあるのです。都内の便利な家は人に貸して、家賃の安い地域に引っ越してのんびり暮らしたい方に、知っておいてほしい情報です。

JTIのマイホーム借り上げ制度

一般社団法人の「移住・住みかえ支援機構(JTI)」が運営する「マイホーム借上げ制度」は、シニアの皆さま(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げて転貸し、
安定した賃料収入を保証するものです。これにより自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金として活用することができます。

マイホーム借り上げ制度とは

出典:マイホーム借り上げ制度(JTI)

マイホーム借り上げ制度の特徴と詳細

●最低賃料の保証:査定賃料の85%をめやすとした最低賃料を終身保証。ただし、一人目の入居者が決まってからです。賃料は相場の80%~90%となり、さらにそこから15%の運営管理費用が取られます。


マレーシアの不動産は価格が安くて治安・教育・病院が充実しており日本人に人気が高い

東南アジアの国、「マレーシア」の不動産を日本人が購入するケースが増えています。もちろん他の外国の方にもマレーシアへの人気は高まっています。

マレーシアの概況をご紹介いたします。

マレーシアの魅力と不動産人気の秘密

たくさんあるマレーシアの人気の理由をいくつかご紹介いたします。

下記は、マレーシア、ジョホールバルの超高級コンドミニアムのイメージビデオです。日本でこれだけの高級マンションや不動産を買うのは大変ですが、マレーシアでは買える可能性があります。

1.広くて優良な不動産を安い価格で買えます。

日本、特に首都圏の不動産は高く、東京で100平方メートル超のマンションは億ションです。中心地であれば70平方メール超でもかなりのお値段です。それに対して、マレーシアの不動産物件の魅力は、その値頃感です。立地が良く広々とした物件を、日本円で二千万円弱の価格で購入することもできます。

特にマンション施設の充実度は高く、プールやジム・セキュリティなどから、学校・ゴルフ場が近いなどの優良物件が売り出されています。


家を売りたい時に不動産会社と結ぶ一般媒介と専任媒介の違い

不動産を売るときの契約方法を媒介契約といい、三種類の契約方法があります。専属専任媒介・専任媒介・一般媒介の三種類について特徴を見ていきます。

専任媒介契約と一般媒介契約の概要

専任媒介と一般媒介についての主な特徴です。

一般媒介契約

複数の不動産業者に売却を依頼することができる契約です。不動産業者に報告義務はなく、依頼主も自分で購入希望者を見つけることができます。

専任媒介契約

その名前の通り、特定の不動産業者のみに売却を依頼する契約です。不動産業者は、依頼主に2週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務があります。

また、目的物件をレインズに登録する義務があります。


媒介契約と家を売却したい時の不動産会社選びのポイント

不動産を売却する場合、個人同士で売買することは少なく、不動産会社に売買を任せることになります。不動産会社と物件売却依頼をするときの契約が「媒介契約」です。

媒介契約とは

不動産業者に不動産の売却・購入の仲介を依頼する場合は、必ず媒介契約を結びます。

媒介契約は宅地建物取引業法によって定められており、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。どの方法で契約するかは、依頼主(売主)が選択することができます。

3つの媒介契約の違いや特徴は、「専任媒介と一般媒介」でご確認ください。


レインズは不動産流通システムで実際に売買された物件価格を調べられる

不動産の物件情報交換システムがレインズです。昔の不動産会社は、不動産を自社ネットワークや提携会社・広告などで売買してきました。

しかし、その方法では、限られた情報網になりますので、広く不動産物件の情報交換を行う事を目的に「レインズ=Real Estate Information Network System」(指定流通機構)が作られました。

不動産を売買したい・自宅を売りたい・買いたいとお考えの方は、レインズで不動産価格の相場を調べましょう。

レインズは、不動産会社専門の情報システム

レインズは、原則的として不動産業者専門の情報交換システムです。


マンションの特徴:住宅地か商工業か用途地域を確認して購入しよう

マンション・一戸建てと好みやお金(予算)の問題により、どちらを選べば良いのかは一言で言いきれません。
ここでは、マンションのメリットとデメリット、マンションを選ぶ際のポイントについてまとめます。

マンションのメリットとデメリット

マンションのメリット

・比較的安価
・コンクリート造りで強固
・利便性が高い
・安全・設備面
・ゴミ置き場の充実
・フラットな間取り

マンションのデメリット

・庭がない
・ペットに制限
・勝手に改造できない


このページの先頭へ