レインズは不動産流通システムで実際に売買された物件価格を調べられる

不動産の物件情報交換システムがレインズです。昔の不動産会社は、不動産を自社ネットワークや提携会社・広告などで売買してきました。

しかし、その方法では、限られた情報網になりますので、広く不動産物件の情報交換を行う事を目的に「レインズ=Real Estate Information Network System」(指定流通機構)が作られました。

不動産を売買したい・自宅を売りたい・買いたいとお考えの方は、レインズで不動産価格の相場を調べましょう。

レインズは、不動産会社専門の情報システム

レインズは、原則的として不動産業者専門の情報交換システムです。

不動産の売買

指定流通機構と4つのレインズ

指定流通機構は、不動産物件の流通を円滑にするため、数多くの不動産業者が加盟している不動産情報ネットワークを運営する公益法人です。

指定流通機構が運営している不動産情報ネットワークのことをレインズと言います。国土交通大臣の指定を受けて、全国4つの圏域を4つの指定流通機構(東日本・中部・近畿・西日本)によって運営されています。

4つの指定流通機構(レインズ)

●東日本レインズ
●中部レインズ
●近畿レインズ
●西日本レインズ

レインズのメリット

ほとんどの不動産会社が加盟しているため、不動産の購入や売却が可能になりました。

例えば、北海道にお住まいの方が、鹿児島に移住するために物件探しを地元の不動産会社に依頼しました。

その不動産会社は、レインズを利用して鹿児島の物件を探すことができます。

このシステムがなければ提携している鹿児島の不動産会社に連絡して物件探しを依頼することになりますので、情報が限られてしまいます。

この仕組みがあることで、全国の不動産会社が持っている物件にアクセスできるため売買がスムーズに行われます。

レインズのメリット:出典:西日本レインズ

1. 安心して利用ができます。

2. 購入希望物件や売却先がスムーズに見つかります。

3. 適正な価格で安心して取引できます

4. 不動産業者のサービスがレベルアップします。

レインズの個人利用:不動産相場を調べる

レインズは、不動産業者を対象としたシステムですが、個人にも多くのメリットがあります。 不動産が売買された実際の価格をデータとして持っており、地域ごとに取引された不動産を検索することで、売買価格を参考にすることや地域の不動産相場を調べることができます。

レインズマーケットインフォーメーション(成約価格を基にした不動産取引情報提供サイト)

上記サイトと東日本・中部・近畿・西日本のレインズでは、全国そして地域ごとの不動産価格や売買状況のデータをレポートなどで掲載していますので、不動産売買時の参考になります。

また、不動産を売却や購入する際には、利用する不動産会社が自分の物件をレインズに登録するかどうかを確認して依頼することで、売買チャンスが増えます。

このページの先頭へ