冠婚葬祭やお祝いで渡すお金の相場

暮らしのなかで冠婚葬祭をはじめとしたお金の金額について、おおよその相場を知っておくと便利です。
いざとなると調べるのに時間がかかったり聞きにくい状態になってしまう事があります。

・病気やケガをした時のお金の相場
・生活や教育・仕事のお金の相場

冠婚葬祭で渡す・贈るお金の相場

冠婚葬祭で必要となるお金は、先方との間柄や親しさにより金額が変わります。
また、地域性によっても異なる部分がありますので一つの目安としてお考えください。
間柄は遠くても親しい場合には奮発しても好印象です。

結婚祝い

結婚祝いで披露宴に出席する場合は、「お祝い金+食事代」となることから、出席しない場合より高めになります。
相場としては、新郎新婦からみた間柄が兄弟姉妹は10万円、おじ・おばが5万円、その他は3万円。

披露宴に欠席する場合は、兄弟姉妹が3万円~5万円、おじ・おばが2万円~3万円。その他は1~2万円。
また、4万円(死)や9万円(苦)は避けるべきです。

主婦の友社のアンケートではかなり詳細に結婚式のご祝儀をまとめています。

image

香典

故人との間柄に応じて調整を行ってください。相場としては、一般的な金額を調べてみました。

両親:10万円
祖父母:1万円
兄弟姉妹:5万円
おじ・おば:3万円
その他の親戚:1万円
友人・隣近所:3千円~5千円
会社関係・・・20代:3千円~5千円、30代~40代:5千円~1万円、50代~60代は5千円~2万円

お中元・お歳暮

日頃の感謝の心を籠めて上司・親戚・習い事の先生などに贈るものがお中元・お歳暮です。
近年、やや風習が薄れつつあり、プライベートはともかく会社の上司・部下や取引先といった仕事面では、お中元やお歳暮が便宜を図ってくれたお礼として賄賂的な要素に捉えられることがあります。

金額の目安:3千円~5千円

お中元の時期は7月初旬から7月15日までが基本です。
お歳暮の時期は12月初旬から12月20日ごろまで。お正月用の生鮮食品は、先方に事前に伝えた上で年末ぎりぎりに贈る。

病気見舞い

病気見舞いの場合、タオルや寝間着、書籍などを持っていくと良いでしょう。
ただし、必要性や好みがあるため、事前に家族や本人に容態や希望を確認した方が無難です。

現金の場合、知人・友人・勤務先だと5千円程度。親戚は1万円程度が目安です。
袋の表書きを御寝間着代などと書いて、好みが分からなかったもので好きなものをと伝えてください。

出産のお祝い

出産のお祝いは、お金ではなくギフトとして物を渡しことの方が多いでしょう。

友人は5千円~1万円程度、兄弟姉妹は2万円、親戚は1万円が目安の金額です。
親しさや以前に戴いた物があるなどの場合などに合わせて金額や品物を考えましょう。

また、何人かの連名でプレゼントをすることも良くあります。
会社の上司や同僚・後輩は連名で5千円~1万円程度

新築祝い

新築祝いの相場は、友人が1万円、身内が3万円程です。
新築披露に招待されたときにインテリアや観葉植物などを持参・贈る方法が一般的です。
もし、聞ける場合には相手の希望を聞いてみましょう。

また、火事に繋がるものはタブーなので灰皿・ストーブや赤いものは避ける。
新築祝いのお返しは、新築披露のおもてなしで対応しますが、お祝いが高額な場合は、後で別途、品物を贈りましょう。

お年玉

子供の頃に、ワクワクしたお年玉の相場は幾ら位でしょうか。
乳幼児:千円
保育園・幼稚園:2千円
小学生から高校生:3千円~5千円

還暦祝い

数え年で61歳になったときのお祝いです。
子供:2万円~3万円
親戚:5千円~1万円

入学祝い

小学校:1万円
中学から大学:2万円
物は重複しないように事前確認をした方が良いでしょう。
図書カードや商品券がおススメ です。親しい間柄ならば、ちょっと高級で自分が愛用している筆記用具などを贈るのもオシャレです。

・病気やケガをした時のお金の相場
・生活や教育・仕事のお金の相場

このページの先頭へ